ライン

指導スタイル

「完全1対1個人指導ってなんだろう?」


昔は集団 今は個別

 
近、よく耳にするようになった「個別指導」。 どうして人気があるのでしょうか。

 
学校のほかにも複数の習い事やクラブ活動…と子どもたちは毎日忙しく過ごしています。 限られた時間を最大限有効に使って学習効果をあげるためには、学校の授業中心の学習方法では限界があります。
 従来、塾は集団指導があたりまえでした。 集団指導では授業で分からないことがあっても、先に進んでしまいます。 その反対に、授業が簡単すぎて時間を持て余してしまうこともあるでしょう。 最近は、そんな指導方法は学校だけで十分という空気が広がってきています。
 現在、塾の指導スタイルは集団から個別指導に移行しつつあります。



個別指導のよいところ

 「個別指導」とは、生徒一人ひとりがそれぞれ個別のブースに入り、1人の先生が指導するスタイルのことをいいます。
 この指導スタイルの最大の特徴は、従来の集団指導にはない一人ひとりにピッタリのプログラムを組んで授業をすることで、いかなる希望にも応じた指導ができるということです。

 これだけ聞くと、大変すばらしい指導スタイルのように聞こえます。 しかし、実は、この個別指導には隠れた落とし穴があるのです。


個別指導の大きな落とし穴

 一般に「個別指導」という指導スタイルを掲げている塾の大半は、1人の先生が同じ時間内に複数のブースを担当しています。
 たとえば、A先生が3ブース(生徒B、生徒C、生徒D)を同時に受け持って60分授業をするとします。 その場合、A先生は60分の授業時間中、生徒Bのブースと生徒Cのブースと生徒Dのブースを交互に巡回します。 中学2年生の生徒Bのブースでは不等式を説明し、小学5年生の生徒Cのブースでは学校の宿題の分数問題のヒントを教え、中学3年生の生徒Dのブースでは私立高校の入試問題の解説をする…という具合です。
 単純に考えると、A先生が生徒ひとりに当てられる授業時間は、1コマ60分の授業時間であれば 60分÷3ブース=20分 ということになリます。 見かけは60分授業のようでも、生徒Bにとっては実質わずか20分しか授業を受けていないことになります。
 つまり、先生が同時間中に担当するブースが多ければ多いほど、反比例式に「実質の授業時間」は短くなるというわけです。

 ところで、ペップでは「個別指導」という表現は使いません。 なぜなら、個別指導をさらに進化させた「完全1対1個人指導」スタイルの塾だからです。


個別指導の進化型 − ペップの「完全1対1個人指導」 −

 ペップの「完全1対1個人指導」と、他の塾の「個別指導」は似たような言葉ですが、どこが違うのでしょうか。

 最大の特徴は、一つのブースに生徒だけではなく先生も入って、完全に向かい合って1対1で授業を行うという点です。 先生は同じ時間に複数のブースを担当しないので、授業時間中は先生1人を完全に独占できることになります。 だから「完全1対1個人指導」というわけです。
 1コマ60分の授業であれば、見かけ60分実質20分の授業ではなく、まるごと60分間生徒と向かい合って時間を大切に使いたい…そんな思いから生まれたペップ独自の授業スタイルです。

 しかも、ペップの授業は教科担任制です。 科目ごとに専門の先生がおり、しかも毎時間同じ先生が指導いたします。 だから、生徒の性格や理解度などは全て熟知した上で一人ひとりにぴったりの授業を行えます。

 ”一人ひとりの個性を生かしながら、力を伸ばしていく。”
 
 ”最高に効率よく学べる授業スタイル。”
 
 それが、個別指導の進化型 − ペップの「完全1対1個人指導」 − です。




授 業 料


 ★ 入会金 (兄弟姉妹で2人目以降は無料)
    10,500円

 ★ 月謝
    週1回(月4回)   60分 16,800円 / 90分 25,200円
    週2回(月8回)   60分 33,600円 / 90分 50,400円

 ★ 月間諸経費 (テキスト代、冷暖房費等)
    月払い 2,100円   年払い 21,000円


 小学生・中学生・高校生・大学受験生の受講生を募集しております。
 学校授業の予習・復習や、中学・高校・大学受験、内部進学対策など、どのようなご希望にも応じられます。
 高校中退の方、不登校の方も是非ご相談ください。

 入塾前に無料体験授業を受講することができます。
 無料体験授業受講=入塾ではありませんので、安心して受けていただけます。
 時間をかけてご検討いただけるように、無料体験授業実施日に入塾の意思確認はしておりません。
 情報収集はたっぷりと。 そして、検討はじっくりと。
 どうぞ、お気軽にお問い合わせください。





ペップとは

教室案内

夢に向かって

その他





メール


トップ

ライン